本日 0 人 - 昨日 31 人 - 累計 54867 人
  • Search

  • Moblie QR
  • 携帯電話からも
    アクセス
  • Social Media
企業組合つどい
若い人から年配の人まで幅広い年齢層の人が男女を問わず
障がいのある人もない人も一緒に働ける職場です。
みんなが責任を分担し、やりがいを持てる職場にするため、
日々力を合わせています。


わたしたちの目指すもの
地域社会において労働を通じて、人のつながりを作っていき、世代やハンディを超えたネットワーク構築を目指していきます。

最近のお知らせ - つどいリーフレットです。
2020年06月08日

8月22日に所沢公共職業安定所より精神障害者雇用サポーターと雇用指導官の方をお迎えし、理事を含むそれぞれのワーカーズの代表者を対象として研修を行いました。


精神障害・発達障害の代表的な特性を体系的に学び、それぞれの障がいに応じた配慮のポイントを学びました。誰しも何らかのハンディと共存して生活しています。障がいの特性・対応のしかたなどへの理解を深め、多様な人が社会参加し、共に働ける職場づくりへ繋げていきたいと思います。


flower0743

2006年11月に「つどい」が創立され早12年が経ち13年目を迎えています。この間、理事長職は濱本さん、布留川さんと経て、代わり合える仕組みを作り今回の交代となりました。布留川さん長い間お疲れ様でした。なかなかお二人の様にはいきませんが、私なりに頑張っていきたいと思います。


創立当初の私はというと生活クラブには入っていましたが、専業主婦でワーカーズという言葉すら知らない状態でした。誘われてお小遣い稼ぎの軽い気持ちで加入したのをよく覚えています。当時は雇用者の段階はなく即組合員加入でした。あれから状況に応じて様々な改善がなされ、現在の「つどい」に至っています。加入当初いつ辞めようかと毎日の様に考えていましたが、ここまで続いた理由を改めて考えてみますと、先ず「つどい」の業務が生活クラブの一端を担う仕事であるということ、また徐々に「ワーカーズの働き方」を理解できる様になってきたことかと思います。


「ワーカーズ(協同組合)」は高いビジョンを持ち、様々な人にとって素晴らしい働き方だと思います。まだまだ社会への周知が必要ですが、まずは内側から「働きやすい職場」について皆で話し合い追求していきましょう。よろしくお願いいたします。


理事長 神澤弘美
つどい広報委員会作業風景です♪
IMG_6062

月に1回、和気あいあいとやっています絵文字
飯能DC事業所内保育所生活クラブ「太陽すくすく保育園」の開園に先駆けて内覧会が開催されました。関係者の方々と保育園利用者などで完成した園舎を見学しました。木造りの解放感あふれる室内や、デッキから続く園庭などのお披露目となりました。画像画像画像
更新履歴